おでんせ★CILもりおか cilmorioka.exblog.jp

重度障害者の地域生活実現のために


by cil_morioka
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:運動( 25 )

自分の命綱を握るのは、どこまでも自分: yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170313-OYTET50061/


全国に重度訪問介護の24hの制度がある、重度障害者が地域で生活できるという情報です。



[PR]
by cil_morioka | 2017-03-15 16:38 | 運動 | Comments(0)

【指定発言】

津久井やまゆり園で事件があってから、ふと外を歩いていて、

邪魔だと怒られたり、後ろから強い言葉や視線を投げられたりしないかと、びくびくした気持ちの自分がいました。

その一方で、やまゆり園での事件後、町ですれ違う人がエレベーターの扉を開け閉めしてくれたり、自動扉の開閉を手伝ってくれたり。

障害者にやさしくという空気を感じる回数が増えた気がします。どの思いも、地域に暮らしてこそ感じられることなのだと思います。

障害者は可哀想。

障害者はできたら生まれないほうが良い。

大変だもの。

障害者は健常者が働いた税金で生きている。

障害者は生かされるだけで、生きる価値があるのだろうか。

親族に、障害者がいたら、隠しておこう。

。。。もしかしたら、人の意識の中にはそうはっきりとは言わないけれど、ぼんやりとでも、価値を分ける考え方があるものかもしれません。

また、障害者同士でも、

自分よりも障害が重い人に対して、どこか見おろすというか、差別とまでは言わないけれど思う人がいるのかもしれません。

でも、ふりかえって見て欲しい。

明日の自分が、もしかしたら事故や病気で障害者になる可能性はだれにでもあるということを。

そうなった時に、はじめて気づくでしょう。

障害者はできたら生まれないほうが良い。

もし親族に障害者がいたら隠しておこう。

障害者は健常者が働いた税金で生きている。

障害者は生かされるだけで、生きる価値があるのだろうか。

親族に、障害者がいたら、隠しておこう。

と、思っていた自分はアリなのかと!

それは自分のいのちをも否定してしまうことになるのですから。

もし、障害のある親族を隠していたら、今度は自分が隠されることになるのですから。

人間という括りの中で、圧倒的に多い健常者の中に存在する障害者は少ないけれど、いつの時代も必ず障害者はすぐ隣か、その隣か、近くにいるはずです。

みんな一緒です。

だからともに少しでも交じりあって生きられる社会になって欲しい。

分け隔てることなく、繋がり合える社会になって欲しい。

そうなる第一歩として、今日の集会があると思います。

そして、語り継いでいくことが亡くなられた19人を忘れないということになると思います。


[PR]
by cil_morioka | 2017-03-08 22:38 | 運動 | Comments(0)

f0081153_16354414.jpg
2月11日(土)、盛岡市のふれあいランド岩手で

「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集い~共に生きる社会をめざして~in盛岡」が開かれました。

岩手県重症心身障害児(者)を守る会盛岡圏域分会、もりおか障がい者問題勉強会「KoKoの会」、白馬塾、もりおかCS懇(もりおかコミュニティソーシャルワーク懇話会) 、盛岡ハートネットが主催です。

102人が参加しました。

最初に、この事件で犠牲となった19名への黙祷をしました。

次に、19名の犠牲者を偲んで見方信子さんが作詞した「19の軌跡」を歌いました。

それから、この事件をとおしての思い、そして、この事件から何をくみとるのか、そして二度とこういった事件をひき起こさない社会にするにはどうしたらよいかを、小グループに分かれて話し合いました。

19名の尊い命の軌跡とこの事件を風化させてはいけない。皆がそう感じながら対話をできた貴重な時間でした。

DPI日本会議の尾上浩二さんのビデオメッセージなど、関係者からのメッセージ紹介が行われて、

最後に、参加者一人一人がハガキサイズのカードに思いを書き、差別のない社会の実現を願いました。


[PR]
by cil_morioka | 2017-02-13 22:43 | 運動 | Comments(0)
相模原「やまゆり園」事件を考える対話の集い ~共に生きる社会をめざして~

【開催のねらい】
この事件で犠牲となった方々への追悼と、この事件をとおしての思いを話しあう。そして、この事件から何をくみとるのか、そして二度とこういった事件をひき起こさない社会にするにはどうしたらよいかを考えあう。

【日時】
 平成29(2017)年 2月11日(土)13時30分~15時30分 (開場13時)

【会場】
 ふれあいランド岩手「第1、第2、第3研修室」(盛岡市三本柳8-1-3)

【内容】
 (1)黙祷と歌「19の軌跡」(19人の犠牲者をしのんでつくられた歌)
 (2)開催にあたってのあいさつ
 (3)話しあい(指定発言、自由な話しあい)
 (4)「関係者からのメッセージ」紹介
 (5)「アピール」

【主催】
 「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集いinもりおか」実行委員会
 ○実行委員会構成団体(順不同)
   岩手県重症心身障害児(者)を守る会盛岡圏域分会
   盛岡ハートネット
   もりおか障がい者問題勉強会「Ko-Koの会」
   白馬塾
   もりおかCS懇(もりおかコミュニティソーシャルワーク懇話会)

【参加申し込みなど】
○趣旨にご賛同の方であれば、どなたでも参加歓迎
○参加人数把握のため、できるだけ事前の参加申し込みをお願いします。定員100名
 (会場に余裕のある場合は、当日参加も受け付けます)
○参加費は無料です
○事前申し込みはメール(ykatou65@ybb.ne.jp)かFAX(019-662-8481)で、「相模原事件の集い参加申し込み」として、お名前と連絡先をお知らせください。1月25日締め切り
○問い合わせは、実行委員会・加藤(ykatou65@ybb.ne.jp)へ
[PR]
by cil_morioka | 2017-01-28 23:19 | 運動 | Comments(0)
<開催にあたっての呼びかけ>
相模原「やまゆり園」事件を考える対話の集い -共に生きる社会をめざして―

関係者、地域のみなさまへ 
このたび、「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集い」を開催したいと思います。

 「相模原『やまゆり園』事件」は、平成28年7月26日にひき起こされ、重度の知的障がい者19名が犠牲となりました。容疑者は、同年2月に出した衆議院議長あての手紙のなかで「私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、および社会的(しゃかいてき)活動(かつどう)が極(きわ)めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる社会です」「障害者は、不幸をつくることしかできません」と書いています。報道によると、事件後も「障がい者なんていなくなればいいと思った」と繰り返し述べています。

 この事件によって、障がいを持つ方や家族の方々の多くが、強い憤りとわが身を切られるような痛みと衝撃を感じています。障がいをもつ方々の福祉の向上を求めて取りくんできた方々の多くが、これまで築きあげてきた「共に生きる社会」のもろさを思い知り、差別の問題の根深さを思い知らされています。
 しかし私たちは、こうした衝撃や差別問題の根深さにいつまでも打ちひしがれているわけにはいきません。この事件を早々と忘れさってしまうのではなく、この事件から何を学び、これからに向けて何をしていくべきかを考え続けることが必要だと思います。
  
「障がい者はいなくなればいい」という容疑者の言動は決して許されるものではありません。あわせて、容疑者や事件の特異性だけに目を奪われるのではなく、それを生み出してしまった社会の現状に目を向け、二度とこうした事件をひき起こさない社会を築きあげていくことこそが求められています。平成28年4月からはじまった「障害者差別解消法」をもとに差別の無い社会をつくっていくこと、そして「共に生きる社会」の真の実現に向けてみんなで考えあい行動していくことが必要だと思います。
 また、この問題は、障がい者問題にかぎったことではありません。少数者(マイノリティ)や社会的弱者といわれる方々への差別やいじめの問題とも根っこはつながっていると思います。だからこそ、社会全体の課題として考えあうことが必要だと思います。

 こうした思いで、「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集い」を別紙(裏面)「開催案内」のとおりに実施したいと考えます。ご賛同いただき、ご参加いただければ幸いです。
  平成28(2016)年12月
「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集いinもりおか」実行委員会
世話人代表 加藤義男(もりおか障がい者問題勉強会Ko-Koの会) 
[PR]
by cil_morioka | 2017-01-28 23:05 | 運動 | Comments(0)
障がいのある人もない人も共に学び共に生きる岩手県づくり条例推進協議会」からのメッセージ。

障がいのある人もない人も共に生きる岩手を目指して

 神奈川県相模原市にある津久井やまゆり園において発生した障がい者殺傷事件から4か月が経過しました。この間、事件の解明と検証が行われ、また、再発防止に向けた制度や施策の見直しも進められてきました。

 一方で、時間の経過は、犯罪史上例を見ないといわれたこの事件でさえもその記憶を薄れさせていきます。

 しかし私たちは、この事件が差別的な考えにより引き起こされたこと、さらに、その考えに同調する意見がインターネット上などで表出されたことから、障がいのある人たちや家族、支援者が、言葉では表し難い不安や恐怖の感情に襲われた、ということを忘れてはなりません。

 障がいのある人が、ひとりの市民として、全ての基本的人権を差別なく享有し、その尊厳にふさわしい生活を保障されることは、今や世界の共通認識です。その精神を受けた障害者差別解消法が本年4月施行され、障がいを理由とする差別の解消は、国民の責務となりました。

 岩手県では、既に平成23年7月、障がい者差別禁止の精神を盛り込んだ「障がいのある人もない人も共に学び共に生きる岩手県づくり条例」を施行し、障がいのある人とない人が共生できる地域社会づくりを進めてきました。今日、県内でも多くの障がい者が、地域の一員として学び、働き、社会に参加し、自立して生活しています。10月に開催された「第16回全国障害者スポーツ大会・希望郷いわて大会」では、アスリートとしての素晴らしいパフォーマンスに多くの県民が感動しました。

 今回の事件とその後の一部の動向は、このような社会全体の認識と歩みに挑戦し、障がい者の尊厳と権利、地域の中で安心して暮らしていきたいという思いを踏みにじるもので、許すことができません。

 二度とこのような事件をくり返さないために、私たちは、法や条例に基づいて、障がいのある人とない人が地域において手を携え、差別なく、共に生きていく岩手づくりをさらに強く進めていかなければなりません。

 今年の障害者週間にあたり、私たちは改めて次のことを訴えます。

県民の皆さん
 ・障がいと障がい者差別についての理解を深め、ともに差別の解消を目指しましょう。障がい者はあなたの隣人です。
 ・障がいのある人とその家族が、地域のなかで生活し、あらゆる分野の活動に参加し、皆さんと協働できるよう、支援してください。

障がいがある皆さん
 ・社会の様々な活動に、地域の一員として、積極的に参加し、関わりましょう。
 ・ご自分の障がいの特性や障がいがあることによる生活上の困難について、積極的に周囲に伝え、理解が得られるよう努めましょう。
 ・不利益な取り扱いを受けた場合や、障がいに対する誤解、偏見、理解の不足等で困った場合やそのことを知った場合には、ためらうことなく私たちにご相談ください。                                                                                                                                                    その積み重ねが社会を少しずつ変えていきます。


以上

    平成28年12月8日

障がいのある人もない人も共に学び共に生きる岩手県づくり条例推進協議会
[PR]
by cil_morioka | 2016-12-12 08:32 | 運動 | Comments(0)
平成26年度障がい者関係団体と県との意見交換会に出席してきました。
行政から、平成26年度施行分の障害者総合支援法の改正について説明がありました。
障害程度区分から障害支援区分に変更。グループホームの一元化。重度訪問介護の対象拡大。地域移行支援の対象拡大。の4項目についてわかりやすく説明いただきました。
次に、第4期障がい福祉計画の策定方針について説明がありました。その後2グループに分かれて分科会が行われました。
各団体から3分以内で要望が述べられ、要望項目に対して行政各部署から回答がありました。

@視覚障害者の安全な移動確保について、ひとつとして、マリオスの下の交差点のところにエスコートゾーンを設置検討すると警察本部より回答がありました。

@腎臓病予防に重点を置いたセミナーを11月~12月に県内各地で一般県民対象に行うと健康国保課から回答がありました。

@中途失聴・難聴者協会から、要約筆記などのコミュニケーションのための支援について、公的な研修のときは得られるが、個人的意味合いの時にはなかなか使えず、人との交流ができにくいと話がありました。

@障がい者が安定した仕事を確保できるよう、「共同受注センター」の設置運営に向けて、県で、準備を進めているそうです。

@人にやさしい駐車場利用について、健常者の不正利用を無くするような取り組みが必要と話されました。また、利用できる対象者の細分化も必要ではないかとはなされました。

@33市町村のうち8市町村が障害者のタクシーチケットの交付を行っていないとのことです。

@障害者の移動手段について、ハード面では乗れる車両があっても、車両のメンテナンスができていなかったり、利用時間の制限があったりといった、ソフト面の改善が必要であることが話されました。

 この他にも、各団体から活発な発言がたくさん出されました。
県では、今後も障がい者関係機関との意見交換を継続して行ってくださることのことでした。
[PR]
by cil_morioka | 2014-11-07 17:33 | 運動 | Comments(0)
「強制不妊手術を問い直す――佐々木千津子さんの思いを引き継いで」

脳性マヒの障害をもつ佐々木千津子さんは、20歳の時、何も知らされないまま、放射
線照射による不妊手術を受けさせられた。障害や病気を理由に不妊手術を受けさせられた人は、統計上わかっているだけでも約16500人。実際の被害者は、はるかに多い。
千津子さんは、愛猫メイとともに自立生活をおくりながら、「忘れてほしゅうない!
国に謝ってほしい」と訴え続けておられました。
その千津子さんが、今夏、突然帰らぬ人になってしまわれました。
DVD「忘れてほしゅうない―隠されてきた強制不妊手術」とドキュメンタリー映画
「ここにおるんじゃけえ」を見ながら、自由奔放だった在りし日の千津子さんを偲び、彼女の訴えを、今一度心に刻みたいと思います。ぜひ、ご参加ください。
■とき:11月30日(土) 午後2時~6時
■会場:まちライブラリー@大阪府立大学
(大阪市浪速区敷津東2-1-41南海なんば第1ビル I-siteなんば3F 地下鉄御堂筋線
「大国町駅」より東へ徒歩7分、南海電鉄「今宮戎駅」より北へ徒歩6分)
■プログラム
第1部 (午後2時~3時45分)
1. はじめに
2. DVD「忘れてほしゅうない
―隠されてきた強制不妊手術」上映
3. 強制不妊手術の実態とその問題点
4. 佐々木さんの思いを引き継いで
   〈休憩〉
第2部 (午後4時~6時)
5. ドキュメンタリー映画
「ここにおるんじゃけえ」上映
6. フリートーク
■参加費 500円
■主催/連絡先
生殖医療と差別・紙芝居プロジェクト
  〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-15-2-110「女性のための街かど相談室ここ・からサロン」気付
   Tel/Fax:06-6646-3883 E-mail:kamisibai.cat@orange.zero.jp
映像発信てれれ
  〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-4-11カタオビル3F
  Tel/Fax:06-6644-3701 E-mail:eizoinfo@terere.jp
■できれば、差別、優生思想、障害問題に関連する本を、各自一冊お持ちください。
まちライブラリーは参加者が持ち寄る本で育つライブラリーです。
MLホームページ: http://www.freeml.com/tanpopo_net
[PR]
by cil_morioka | 2013-11-14 18:45 | 運動 | Comments(0)

署名・募金活動

今日は、
『精神障がい者の運賃割引を進める岩手県連絡会議実行委員会』のメンバー5名で、
署名・募金活動を行ってきました。
113筆、署名をいただきました。
ありがとうございました。

一日も早く、岩手のすべての障害者の運賃割引が実現する日が来ますように。
[PR]
by cil_morioka | 2013-06-15 20:32 | 運動 | Comments(1)

障害者差別解消法案

世の中では、大きな動きが!

4月26日(金)
「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律案」(障害者差別解消法案)が今国会に上程。

5月3-4日
「TRY2013差別解消法の成立を目指す大行進 神戸⇒大阪35km!」実施。
差別解消推進法案の成立を目指し、関西の自立生活センター総勢130名で、神戸~大阪まで歩き、街頭でスピーチを展開

6月04日(火) 午後5時~午後7時
「本国会での障害者差別解消法の成立を目指して」参議院議員会館 1階講堂 日弁連主催院内集会

6月05日(水)14:00~集会(弁護士会館)15:00~パレード(国会要請)
JDF東京主催:「障害者差別解消法の今国会での成立を求める東京アピール行動」

6月18日(火)10:00から14:00くらいまで
参議院での、障害者差別解消法案の審議!
[PR]
by cil_morioka | 2013-06-15 10:26 | 運動 | Comments(0)