おでんせ★CILもりおか cilmorioka.exblog.jp

重度障害者の地域生活実現のために


by cil_morioka
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 2 )

本日7/29 第2回相模原「やまゆり園」事件を考える対話の集い に寄せて


生きて良いいのちと悪いいのちはない。
生きて良いいのちと悪いいのちを分けたり決めたりしようとする人間は、
己の弱さや劣等感や、そういうことを、話せる人や聞いてくれる人が隣にいなくて
己を守りたいがゆえ
生きて良いいのちと悪いいのちを分けたり決めたりしようとする。
人は誰でも弱さや劣等感を持っている。
それらをさらけ出しても
受け入れ合える社会であれば
生きて良いいのちと悪いいのちを分けたり決めたりしようとする人間は、いなくなるのに。
そうなればいいのに。



【開催について】

昨年726日に発生した相模原「やまゆり園」事件から1年近くがたとうとしています。「この事件を生んだ背景・風潮は何だろうか」「一人ひとりの人間を大事にし、共に生きる社会をつくるためにどうすればよいだろうか」など、この事件を通して考えること、学ぶことはたくさん残されています。

今年211日開催の第1回「対話の集い」(「対話の集いinもりおか」実行委員会主催)に引き続いて、第2回「対話の集い」を下記のとおり開催いたします。趣旨にご賛同の方であれば、初めて参加の方も含めてどなたでも参加歓迎です。ご参加をお待ちいたします。

平成29(2017)年6月   もりおか障がい者問題勉強会「KoKoの会」世話人 加藤義男

【日時】  平成29(2017)年 7月29日(土)13時30分~15時30分 (開場13時)

【会場】  盛岡市総合福祉センター「レクレーション催事場」(1階)盛岡市(もりおかし)若園(わかぞの)町2-2)

【内容】 (1)提供     加藤義男(もりおか障がい者問題勉強会「KoKoの会」)

                   第1回「対話の集い」の報告、及び事件に関連する動きやことがらについて

(2)話しあい  小グループに分かれての自由な話しあい

 

【主催】  もりおか障がい者問題勉強会「KoKoの会」   

 

【参加申し込みなど】

○定員 70名(会場の都合です。定員を超える場合はご遠慮いただくこともあります。

        会場に余裕のある場合は、当日参加も受け付けます)

○参加人数把握のため、事前の参加申し込みをお願いします。

事前申し込みはメール( ykatou65@ybb.ne.jp )かFAX019-662-8481)で、「第2回相模原事件の集い参加申し込み」として、お名前と連絡先をお知らせください。7月20日締め切り。

○参加費は無料です

〇問い合わせは、加藤( ykatou65@ybb.ne.jp )まで

【事前メッセージのお願い】

 当日参加できない方、及び当日参加するけれども前もって文章として提出したい方から、事前にメッセージをいただき、当日ご紹介したいと思います。A4一枚程度で、事件をどう考えるか、どう受け止めるかなど自由な切り口で書いてください。できれば実名で、ただし実名がためらわれる方は匿名でも可とします。720日までに、上記参加申し込み先の加藤までお届けください。


[PR]
by cil_morioka | 2017-06-19 08:29 | Comments(0)
 私は、始めてみちのくTRYに参加しました。
参加して、暑い中でボランティアに押してもらい、いろんな人とお話をしました。
このお話の内容は、現在の日本の福祉の事や、お家の事などを話してきました。
いろんなお話の中で、沖縄の自立生活支援センターの女の人との話は、私が思っている気持と同じでした。
暑かったけれど、いろんな人とお話しをできて、楽しいイベントでした。
又、このようなイベントがあったら、参加したいと思っています。
スタッフの皆さんはじめ、ボランティアの皆さん、暑い中、本当にどうも有難うございました。

[PR]
by cil_morioka | 2012-10-03 10:20 | Comments(0)